食事パパ

私は食事パパとして大学生の女性とよく会っています。食事パパを希望したのは私のほうからです。私は若い女性との気軽な関係を望んでいたからです。私はホテルに行きたいとかそんな願望はなく、ただ若い女性と楽しく食事をしながら話をしたいと思っていました。私はこれまで仕事ではある程度の地位を築いてきました。結婚もしましたが仕事が多忙すぎることが原因となり離婚してしまいました。私が仕事が忙しいことで妻にもう寂しい思いをさせたくはなかったのですぐに納得しました。お互いのために離婚したのです。私は1人なるとますます仕事に励むことになりました。気を咎めるものが無くなったからです。
副収入
これでも今までは妻のことを考え、なるべく早めに帰宅していたのですが、1人になった今私を止めるものは何もありませんでした。妻がいなくなったことで多少の寂しさはありましたし、妻のありがたさにも気がつきました。仕事と家事の両立は大変でしたがそれも次第になれていきました。ところが、仕事がひと段落した時にゆっくりと話せる相手がいないというのは寂しいものでした。それで食事パパとして若い女性と会って話がしたいと思うようになったのです。出会い系サイトで探して話が合いそうな女性を探しました。それが今の彼女です。彼女とは自分も大学生の頃に戻ったような感覚で話すことができます。大学生の頃に好きだった女性に似ているからかもしれません。私はこうやって寂しさを埋めているのです。
結活
子連れ再婚
- mono space -