乳首オナニー

俺が住むアパートは日当たりが悪く、隣のアパートとレースのカーテンをしないと家の中が丸見えでした。それでも家賃が安いからいいかなと思っていました。
そんなある日、向かえアパートに女性が引っ越してきました。カーテンをまだ引いてないから女性の部屋の様子が丸見えで、顔もどんな女性が分かりました。結果はブスだった。でもスタイルは良さそうな感じでした。夕方にはカーテンを購入したのか中の様子が見えませんでした。
それから1ヶ月後の事でした。体調不良で自宅で休んでいると向かえの女性が何やら怪しい動きがしていました。カーテンを引いてないせいかその様子が丸見え。俺はカーテンを引いていたので俺の姿は見れないと思い女性を観察しました。すると、乳首オナ二ーをしているのが分かった。
クリ責め
窓は閉めているため声は聞こえなかったけれど、上半身が乱れて乳首オナ二ーをしているから見ているこっちまで興奮してしまいました。その後も分かった事がありました。彼女は月曜と日曜が仕事が休みなのか、その時にオナ二ーをしていることが多いということが分かりました。少しでも女性と話したいと思った俺は、彼女が洗濯物を干す時間にあえて俺も干してみて目と目を合わせて挨拶をするようにした。その行為を1ヶ月ぐらい続けると少しずつだけど挨拶以外の会話も出来るようになった。
それからしばらくして、女性からたくさん料理を作ったから一緒に食べませんかと誘ってくれました。最大のチャンスがやってきたと思いました。そして彼女の家を訪ねると部屋は狭いがとても綺麗で可愛らしく、見た目と少しギャップがあるなと思いました。そして、食べ終わった後はうまくすればやれるかなと期待してしまう俺でした。
クリトリス吸引
乳首舐め
- mono space -