F割

ちょっと前の話になるが、行きつけのガールズバーが近所にあった。正直な話、都会のガールズバーと比較すると、どこかもさっとした垢ぬけない女の子が多いうえに、経営者も女の子さえそろえておけばいいだろ、くらいにしか考えていない節があって、店としては最低だったと思う。女の子はかわいくないし頭が悪いのかやる気がないのか、会話もちっとも弾まない。そのくせやたら高いセット料金なので、店はいつも閑古鳥が鳴いていた。ぶっちゃけたところ、常連なんて僕くらいのものだったのではないだろうか。まともに女の子とトークを楽しみたい人は、電車に乗って都会のガールズバーに行っていたと思う。
そんな店なのに僕が足しげく通っていた理由は、ズバリF割なのである。とは言え、別に女の子が「水割りにしますか?それともF割?」とか誘ってくるわけではない。もともと、地元で僕とF割していた女の子が「仕事が決まったから今日で割り切りは最後だよ」と言って、働き始めたのがその店だっただけの話である。僕にとって彼女は単なる割り切り相手のひとりだったが、賑やかしでいいから店に来て、と誘われてそのままずるずると通い続けているという経緯である。
相互オナニー
ただ、公園の暗がりとかでフェラしてくれていた時はあまり気にならなかったが、こうして明るい照明の下で改めて見るとブサイクだなあと思う。言葉は悪いが、そこまで容姿は問われないF割くらいでしかお金を稼げなかったのだろう。そんな子を雇う店も店だ・・・と、常連客の僕が言っても説得力は皆無ではあるが。
「私にとっては暗黒だったなあ」と彼女は当時を振り返って言っていた。まともなF割相手は僕くらいのもので、後はヘンタイとかレイプ紛いのことをしてくるやつとかろくな出会いがなかったと言う。「でももうあんなことをしなくてもこうしてお金を稼げるようになったんだから」と彼女はうれしそうだった。F割を卒業して明るい社会に旅立った彼女の行く末を見たくて、僕はこのつまらない店に通っていたのかもしれない。
もっとも、やがてその店はつぶれて、彼女は再び僕のF割相手に戻ったのだけね。
ソフレ募集
セフレ探し
- mono space -