乳首舐め

 ネトナンで知り合ったのは、Gカップのややぽちゃ人妻でした。
巨乳に憧れていた大学生の俺は、ハチャメチャ乳首舐めを謳歌してしまいました。

 俺は、現在20歳。
都内の某大学に通っている大学生です。
彼女いません。
恋人がいない、すなわち欲求不満。
不満が半端じゃなくなり、ネトナンにチャレンジしてみた結果、28歳の人妻と知り合うことに成功しました。
絵里奈ちゃん、どでかいオッパイを持て余している子供のいない奥様。
「旦那さんとエッチしてないの?」
「最近、全然御無沙汰でオナニーだけなの」
「それで不満に?」
「うん、オッパイが敏感だから、刺激して欲しくて」
「思いっきり乳首舐めしてあげてもいいよ」
「そんなことされたら、いっぱい濡れちゃうかも」
「なら、とりあえずオッパイを舐めるだけでも良いから、アポしてみない?」
随分都合のいいこと言っちゃったんだけど、絵里奈ちゃんは話に乗ってくれたんです。

 某スーパー駐車場で待ち合わせることに。
絵里奈ちゃんの運転してきた車の中に潜り込んでしまいました。
エロイプ
人気のない屋上駐車場、そこで巨乳の乳首舐めをすることに!
顔はまずまずな人妻。
オッパイは強烈にドデカイ。
後部座席に移動し、人妻のトップスを剥ぎ取るように脱がし、ブラを外すとたわわな乳房が目に飛び込んできました。
圧倒的なボリューミー。
やや濃い目の茶色の乳首はすでにコリコリ状態です。
乳房の柔らかさと乳首のコリコリさの対照的な感触に、股間は仁王立ちになっていきました。
「乳首舐め、いっぱいしてくれる?」
言われ素直に、人妻の硬くなっている乳首を口に含みました。
乳首舐めでヨガる人妻に興奮は急上昇。
「気持ちいいよ、凄く気持ちいいよ」
言いながら俺の頭を抱きしめてきます。
大きな乳房に顔を埋めるつつも、乳首舐めに没頭してしまったのです。
すると彼女、フェラを要求。
下半身裸になり、彼女にペロペロ舐めさせてやりました。
驚いたことに、今度は騎乗位で挿入を始めてしまうのです。
乳首舐めるだけの約束だったんだけど、挿入までやってくれちゃって、揺れる車の中でメチャクチャ気持ちよく射精させてもらってしまいました。
勃起クリトリス
クリ開発
- mono space -