喪女

私は今までいろんな女性と付き合った。その中で喪女と初めて付き合った。名前はユリ。彼女との出会いは会社でした。いつも小声でブツブツ何かを言って自分はダメな女と口癖のように言っていた。正直、そんなネガティブな女性を好きになるとは思いもしませんでした。
ところが、その時付き合っていた女性に浮気していたことがバレ携帯を壊され、荷物も全部女性の家に置いてしまい帰りどうしようか悩んでいた時にユリに出会った。そして、ユリは私の家でお茶しますかと言ってくれた。真冬ということもあって助かったと思った。
家の中は可愛い系の物ばかり。そして、家には猫がいた。猫をあやしている姿が可愛く思えたり、何も聞かないで家に入れてくれたユリに喪女でも優しい性格なんだなと思いました。
メッセージ交換をやめる!って言ったら
そして、やはりネガティブな発言もしていたので「それを止めたらどう。暗いより明るい子の方がいいよ。」たったそれだけの言葉だったけれど彼女は今まで私に話してくれる男性がいなかったから嬉しいと言ってくれました。
その後ユリからお金を借りて無事に家に帰り、彼女とは別れた。これを機会にユリに会うと話しかけるようになった。周りからはよく暗いあの女と話せるなと言われるけれど優しい彼女に心が惹かれていきました。家で飼っていた猫も捨て猫、自分のことも教えてくれました。仕事を失敗しても、ちゃんと謝罪して次回は挽回するし彼女をよく見ると頑張り屋なのかなと気づかされました。
そして、彼女に食事行こうと誘いました。戸惑っている姿も可愛く感じて私はどんどん彼女に夢中になってきました。



プチ割
プチ援助交際
- mono space -