ポケモンGO

テレビで話題になっていた頃から私はポケモンGOをやるのがすごく楽しみでした。ポケモン自体は学生の頃に夢中でやっていたので、またポケモンがこんなに楽しみになるとは思ってもいませんでした。そして、アプリをダウンロードしていよいよポケモンGOをやることにしました。

ポケモンGOをやり始めて3日後、仕事に手がつかないくらいにはまってしまいました。仕事の休憩中にタバコを出ながらポケモンGOをやっていると、同僚が喫煙室に入って私が携帯をいじっている姿を見て近寄ってきました。「ポケモンやっているのですか。」「そうだよ。」「僕もやってます。もう、こんなにポケモンGETしてます。」「私もこんなにGETしてるよ。」互いに捕まえたポケモン見せ合う私達。そして、仕事の休憩中、喫煙室に入るたびにその彼と会いポケモンの話に盛り上がりました。
出会い系アプリで3人のセフレを作った中出し依存症な私

「この近くの公園に珍しいポケモンがいるという情報があるけど一緒に行きませんか。」「行く。仕事後行きたい。」こうして2人でポケモン巡りをすることにしました。仕事が、終わってから彼とポケモン探して終わったら一緒にご飯食べるコースが何日も続き私達はどんどんと親しくなりました。

ポケモンGOのブームが消えてきて私達も夜の公園でポケモンを見つけることがなくなりましたが、ポケモンは、終わったけれど一緒に食事行くことは相変わらず続き、私はたくさんのポケモンをGETしたけれどポケモン以外の人間をGETしそうな予感がしました。
謝礼交際
デート援
- mono space -