愛人生活

きっかけはとあるサイトの書き込みだった。
『愛人生活してみませんか。福利厚生多数』
愛人生活なんて言ってるわりに、事務員でも募集するようなよくわからない書き込みに、就活中だった私は飛びついた。
実際に会いに行ってみて、驚いた。
きっとエロそうなおっさんが、身体の関係を求めてあんな書き込みをしていると思ったからだ。
不思議なことに待ち合わせ場所にいたのは、美人の女性だったのだ。
私は、冷やかしなら帰ろうと、念のため声をかけてみた。
女性は「私が書き込んだんです。冷やかしではありません」そういうと、真剣なまなざしで話を始めたのだ。
女性は子供ができない体質らしく、跡取りのため旦那に子供を作りたい。
それなら、他の女性に産んでもらおうとなったが、旦那ことを好きな相手では困る。
あくまで気持ちは妻のもの。
パパ 募集
お金で解決してくれて、子供を産んだら、速やかに養子に出してくれるような女性がいいのだとか。
その代わり、衣食住の保証、子供を産み終わった後はマンションをプレゼントして、旦那の子会社で正社員のポストを用意してくれるとのことだった。
その愛人生活がおいしすぎる話に聞こえたが、私は彼女の話を承諾した。
そのおかげで、私には今の生活がある。
旦那は意外にいい男で、セックスの相性もばっちりだった。
週に3日、旦那は私のもとに通い、身体の隅々まで抱いた。
自分でも見たことがないような場所まですべて見られて、相手の身体も堪能した。
気を使わなくていい、脳までとろけるようなセックスを何度も繰り返した。
妊娠すれば、自由になれるけど、この生活が長く続けばいい。今はそう思ってる。
一つだけ、この愛人生活の契約違反をしてしまっている。
私は気が付けば彼を好きになってしまっているらしい……。
童貞卒業
結婚
- mono space -