出会いがない

俺は学生の頃男子高だったので、大学は共学になりついに彼女ができると思った。それなのに出会いがない。大学を卒業して職についても出会いがない日々を送っていました。しかし、そんな私にようやく気になる女性が出来ました。その人は、俺の友達の妹。彼の家に遊び行くたびにその妹がいるので、友達と遊ぶためというより、その妹に会う為にきていました。
「いらっしゃい、今日も来ていたんだね。」「お前に会いに来たらしいよ。」「お兄ちゃん、何言ってるの。ゆっくりして行ってね。」そんな、やりとりを高校の時からこのやりとりをずっと続けていました。ある日「お前、本当に妹のことを好きなら俺協力してもいいよ。
セフレ募集
多分彼氏と別れて今フリーだからチャンスだよ。」「マジ!」「その代わり、うまくいったら何かご馳走しろよ。」こうして、俺は友達の協力をもらい3人で出かけることになりました。そして、友達は電話をすると言ってその場を離れ俺たち2人きりにしてくれました。「お兄ちゃん、遅いね。」「お腹すいたし、俺たちだけで先に行かない?」「そうだね。」こうして、2人きりにで食事をすることになりました。会話はとても盛り上がった。
事前に友達から色々と情報を貰っていたので助かった。「良ければ、LINE交換しない?今度、その話していた小説持ってくるよ。」「本当?」こうして、LINEも、交換した。もちろん貸す予定の小説は持ってないので買いに行きます。俺は出会いがない日常から脱出します。
童貞狩り
筆おろし
- mono space -