家出少女

家出少女だなんて柄じゃないけど、旦那と喧嘩して家出しちゃいました。
結婚と同時に地元を出てしまっているので、頼れる実家も友人もありません。
お金も沢山持っているわけではなく、仕方がないので深夜まで開いているカフェでお茶を飲んでいました。
スマホをいじっていると、あるサイトに『家出少女歓迎。添い寝してくれる人募集』なんて書き込みを見つけました。
家出少女という歳ではないけど、添い寝で泊めてくれるならありがたい。
私は、怖さよりも今の境遇の不安さが勝って、サイトに書き込みをして、その人の家に行くことにしました。
彼は温かく迎え入れてくれ、お茶を飲みながら少し話をすることにしました。
彼は2年前奥さんに浮気されて出ていかれてから、夜に一人で眠るのが怖くなったそうです。
私は浮気という言葉にドキリとしました。
神待ち掲示板での体験を活かして泊めた女性とセックスしています
私と旦那との喧嘩の原因も旦那の浮気でしたから。
お互いの傷をなめ合うように、私たちは手をつないで一つの布団に入りました。
旦那とは違う男性の肌が妙にエロティックで、私は身体が熱を持つのを感じました。
それは彼も同じだったのか、布団の中で見つめ合っていると、唇が吸い寄せされるように自然とキスをしていました。
そうなると、止まらなくて……それは、お互いの不安をお互いにぶつけ合うような、激しいそして愛おしいセックスでした。
身体が彼を求めて、何度も何度も疼いてしまいます。
こんなセックス旦那ともしたことがないかもしれません。
翌日私は彼に別れを告げて、家に帰りました。
必ずここに戻ってくるから待っててほしいと告げて。
それ以来、旦那とは離婚の話を進めていますし、彼とは毎日のように電話で連絡を取っています。
家出少女だった時のように、早くあの肌に触れられる日を求めて。
神待ち掲示板
神待ちサイト
- mono space -