デート援

私は普通の主婦です。基本的には。基本的にはというのはデート援をやっていることを除いてはということです。私は旦那に黙ってデート援をやっています。今この場で初めて告白しました。旦那以外にも誰にも話していません。こういう話の噂って驚くほど早く広くひろまってしまうものです。私はそれだけは避けたいと思っていました。デート援を始めた理由は寂しかったからです。旦那は出張が多く、私は専業主婦なので時間を持て余していました。本当は旦那ともっと話したり、出かけたりしたいのですが仕事なので仕方がありません。旦那が家にいるのは月の半分以下です。たまに家にいても疲れているからと寝てばかりいるか、一人で出かけて夜まで帰ってきません。
JCと円光するはずがおばさんにホ別2を支払う
私は本当はもっと出かけたりしたいのに、そんな話をしようとすると話をそらされます。一度、真剣に話したこともあるのですが、疲れているんだから休みの日くらいはゆっくりしたいと言われてしまいました。私は1人では出かけるくせに。とは思っていたのですが、せっかく一緒にいる時間なので楽しく過ごしたいと思いそれ以上話すのをやめました。そんな思いが積もりに積もってデート援する決意をしたのです。初めは躊躇しました。人妻ですから。こんなことをしていいのかと。私はただ、誰かに女性として大事にして欲しかっただけなのです。このままでは女性としての自信を失ったままだと思い、意を決して出会い系サイトで知り合った男性とデート援してみることにしたのです。初めて会った男性がたまたま私のタイプの男性であったこともあり、デート援をしているということも忘れ普通にデートとして楽しんでしまいました。その彼とは今でも定期的にあっています。彼も結婚していますのでそれ以上の関係はありませんが私は機会があったら彼ならいいかなと思っています。
ネカフェ難民
神待ちサイト
- mono space -