パパ活

初めはパパ活目的でサイトを利用してパパになってくれる人を探していました。楽にお金が手に入るなら、風俗で働くよりパパ活した方がいいと思い風俗では働きませんでした。そして、私はパパ活をして1人のパパと契約を結びました。彼は某会社の社長。キャバクラで働いてる子には沢山男がいると思うからパパ活している人と出会いたかったと言っています。パパが用意してくれたマンションに転がり込み、私はそこでのんびり暮らしています。もちろん、パパが遊びに来るときは違います。連絡をしてから遊びに来るのでその時はばっちりメイクに部屋着ではなく、オシャレな服を着て迎えます。

そんなある日、パパの運転手さんが私を迎えに来ました。パパの会社創立記念日に私も参加するためでした。
パパ募集を続けて見つけたお金くれる方
そこには奥様もいるので、堂々とパパに会うことが出来ませんが、美味しい料理を食べれてビンゴゲームなど楽しいイベントがあるからおいでとパパに誘わたので行くことにしました。

会場に着くまでの間、私とそんなに変わらない運転手さんとの会話を楽しみました。彼は18の頃からパパのところで働いているみたいで、パパのお気に入りみたいです。久しぶりに同世代の男性と話せて、パーティの時も彼と話せて楽しく過ごしていた私。次第に、パパがいない時は彼にマンションへ来てもらいおしゃべりをしたりと私達は互いの事を好きになりました。もちろん、パパはまだその事を知りません。「今日夜、社長来るだろう。沢山抱かれるのか。」「そうかも。」「その前に俺が抱いてやる。」ヤキモチな彼に私はメロメロです。
パパ活アプリ
お金が欲しい
- mono space -