パパ活

デートだけでお金を稼ぐパパ活という副業
21歳の頃にパパ活をしていました。パパ活は主にネットで見つけていたのですぐにパパが出来ました。私は23歳、パパは56歳。パッと見は親子という感じがして周りの目もあまり気にしないで行動ができました。

そんなある日、パパと食事していると私の肩をたたく人がいました。振り向くとそれは私の幼馴染でした。彼女は私の両親も知っているため一緒にいる男性が誰なのかと怪しい表情になっていました。「桜、この人誰。」「随分と親しい感じがするけど。」勘の鋭い美咲。「桜ちゃんの友達かな。私は職場の上司で上野といいます。」とっさに嘘を言ってくれたパパ。パパのおかげでその場はそれで終わりました。

後日、美咲から連絡があり会いました。「この前の人、本当は桜のパパじゃないの。」「なんでそう思うの。」「前に一緒にバラエティ番組を見た時、パパ活の話題になって桜も作りたいと言ってたから。違うの。」「そうと言ったらどうする。」「私もパパ活をしているから羨ましいと思う。」意外な返事に驚きました。「パパがいれば美味しい物も食べれるし、好きな物も買ってくれるかもしれないでしょ。」「でも、おじさんとHな関係にもなるかもよ。」「えっ、気にしない。減るものじゃないし。パパ欲しい。」

その後パパに「パパになってくれる友達いない?この前会った友達がパパ作りたいみたい。」「そうなの、聞いてみるよ。」数週間後、パパの友達が見つかり、美咲には本当のことを話しパパを紹介しました。そして、お互いにパパが出来るようになりました。
愛人募集
パトロン募集
- mono space -