クンニしたい

中学時代は地味で暗い私でした。そして、高校生になってから自分を変えようと思い眼鏡をコンタクトにしたり、髪を染めるのは禁止されていたので長い髪をバッサリ切ってイメチェンをしました。見た目を変えたせいか、性格も明るくなった感じがした私は中学の頃と違いすぐに友達が出来て毎日が楽しい学校生活を送っていました。

そんなある日、私は初めて男の人に告白されました。「良ければ俺と付き合ってください。」正直、彼のことが好きと言う気持ちはなかったけれど見た目も悪くないし、人生初めての告白に私は彼と付き合うことにしました。
舐め犬掲示板を利用して学んだクンニしたい男性と安全に出会う方法
全てが初めてということもあって、彼と手を繋ぐのも恥ずかしかったし、彼の家で遊んだ時はもっと緊張しました。だって、処女を卒業したから。初めての時はこの気持ちよさが分からなかった。痛みに耐えるのがやっとだったけれどHが終わった後の彼が優しく頭を撫でてくれる仕草にドキッとしてしまいました。その後も交際は続き高校卒業してから2人で旅行に行きました。

初めての旅行は何もかもが新鮮で楽しかった。そして夜は浴衣姿になり学校生「クンニしたい。」「クン二って何。」「こういうこと。」初めて舐められる感度は凄かった。それからは彼のクンニしたいという言葉が待ち遠しか感じてしまった。本当にスケベな私。最近では「クンニしたいって言って欲しいの。」と、意地悪を言ってきます。もちろん私は素直に頷きます。初の彼氏とこのまま結婚につながる交際ができたらと思います。
オナ見
- mono space -