愛人の探し方

私は見てはいけないものを見てしまいました。それは妻が若い男性と一緒に歩いている姿。その姿を見て浮気を頭によぎりました。

私と妻は中学の頃から幼馴染という事もあり、共通の友達も沢山います。私はその中でも、妻と1番仲良くしている由実子に連絡を取り合う事にしました。

「菅ちゃんから連絡来るなんて珍しい。亜美と喧嘩でもしたの。」「いや、してないけど亜美が若い男性と歩く姿を見てしまった。」「マジ、愛人の探し方を前に聞いてきたけど、まさか本当に作るとは思ってもいなかったよ。」「えっ、愛人の探し方。なんで亜美がそういうことを俺に不満でもあるのかな。」「本人に聞いたほうがいいよ。」私は由実子と別れてすぐに妻に会いました。
愛人契約

「わ、若い男性と歩く姿を見たけど誰なの。」「帰っていきなりどうしたの。」「いいから、答えて。」「彼は私の恋人。だって、1人の男しか知らないなんて人生損している感じじゃん。」いきなり何を言っているのか分からなかった。妻は日頃から自分の事を構ってくれないことに寂しく感じ浮気をしたと言いました。「離婚するならいいよ。そしたら彼のところに行くから。」笑顔で話す妻に私は部屋を飛び出し由実子に連絡し再び会いました。そして、この事を全て話しました。

「亜美、学生の頃から菅ちゃんに内緒で浮気もしてたな。」「えっ、俺だけしか経験してなかったんじゃないの。」「そんなわけないよ。亜美はモテるからね。菅ちゃん、私と今からやらない。亜美より私の方がいいよ。」太ももを触る由実子。私はもう何が何やら分からなくなり、寂しさを埋めるためそのままホテルに行きました。
お小遣い稼ぎ
- mono space -